Konpei’s TRAVEL

お出かけが好きな大阪の25歳社会人による旅行記

【四国の車窓から】Part.3 うどん県散策!①

こんにちは。うどんよりラーメン派、Konpeiです。

ちなみに今回は「うどん県」香川に来ておりますが、うどんは食べてないですし写真も出てきません。にもかかわらず、開幕早々香川県民の皆様を敵に回すような発言を…

 

さて、前回は眉山に登り徳島ラーメンを食べたところで終了となりました。ここからメインである四国横断が始まります。

 

f:id:Konpeix:20190812012219j:image

まずはこの特急うずしおに乗り、香川県は高松を目指します。四国の特急に乗るのは人生初ですが、カーブも速度をあまり落とさずに走り抜ける姿には度肝を抜かれました。

 

そんな中、私は車窓を眺めながら気づきました。この旅のコンセプトの一つとして、「学生時代を思い出す」というのを掲げていましたが、学生時分の四国横断旅行で通ったルートをかすってもいないのです…

私の記憶が曖昧なのか、本当にルートを逸れてしまったのかわかりませんが、学生時分にママチャリを走らせた道は車窓からは見えません。

 

つまり、当時との共通点としては「四国をひたすら西へ進む」。ただそれだけ。一瞬頭を抱えましたが、逆転の発想で「今まで見たことない景色を見れるのは楽しみや!」と切り替えます。

まあ、「見たことのない景色を見る」というのは私にとって本当に楽しいことなのです。これが旅行が好きな一番の理由かもしれません。

 

徳島を発って1時間と少し、第2の経由地高松に到着です。高松に来たのは、新入社員研修の時以来です。高速バスに乗り、うどんを食べて滞在2時間ほどで大阪に帰るという超タイトスケジュールでした。今考えても意味がわかりません(笑)f:id:Konpeix:20190819213145j:image

 

早速駅前に降り立つとこんなものが。甚だ失礼ながら、四国にこんな近代的な高層ビルがあったことに驚きを隠せませんでした。

 

駅前の雰囲気を楽しんだところで、少し観光をします。駅前から歩くこと五分、やってきたのは玉藻公園こと高松城跡。天守閣は残っていませんが、写真のように土台が残っていました。f:id:Konpeix:20190825230849j:image

天守閣は復元の計画がなされているそうですが、見ている限りではかなりの時間を要するのではないでしょうか。今後の動向に注目です。

また、この高松城のもう一つの魅力が「海に近い」こと。通常、城のお堀は淡水なのですが、高松城はなんと「海水」。海からお堀に海水が流れ込むしくみで、鯛など海の魚がお堀を泳ぎ回る様子も見られるかもしれません。

(恥ずかしながら私は大阪に帰ってからこの事実を知りました…)f:id:Konpeix:20190825231741j:image

 

また、個人的に楽しみにしていたのが「桜」です。ただし、時期が少し早かったのかまだ蕾〜二分咲き程度の段階でした。でも、これはこれで冬から春への移ろいが感じられて趣がありますよね(笑)f:id:Konpeix:20190825232310j:image
f:id:Konpeix:20190825232304j:image

高松城跡(玉藻公園)】

入場料:大人一人200円

 

さて、高松観光を終えたところで次の目的地に移動します。旅はまだ始まったばかりです。

というところですが、ごめんなさい。キリがいいのでここで区切らせていただきます。なんと、次回もお城が出てきます。

f:id:Konpeix:20190825233656j:image

また城かよ。また城だよ。

 

ということで、さようなら。

また次回。

 

↓前回

【四国の車窓から】Part.2 踊る阿呆に見る阿呆 - Konpei’s TRAVEL

↓次回

【四国の車窓から】Part.4 うどん県散策② - Konpei’s TRAVEL